夢に出てくる従兄弟について

私はたまに夢を見ますが、そこに登場する人で覚えている人はごく僅かです。一番登場回数が多いのは従兄弟で、その次が父か主人です。思えば私は従兄弟について気にかけることが多く、結婚して地元を離れてからも帰省の時には必ず何日か一緒に遊ぶほど仲がいいのです。彼はもう高校生ですが、私と一緒にゲームしたりデートに行きたいと行ってくれます。

彼と私は似ている所があるので一緒にいてとても楽しく、実の弟のように面倒見よく接しています。
夢に従兄弟が出てくるとそれだけで幸せになるので、これからも彼にはもっともっと出てきてほしいくらいです。これからもいい夢が見られるように願っています。

自分の声質の限界を少し知ってみる

私は最近、ネットで知り合った年下の友人に勧められてボカロの歌を歌うようになりました。

しかし、私の地声は女にしては低い方で太さもあるのでそのままの状態では聴くに耐えません。録音してミックスする時に延々とその声を聴くのはちょっと苦痛です。

なので自分の最高レベルの高い声を何とかひねり出して歌ってみることにしました。そうすると所謂アニメ声や萌え声といわれるものになったわけですが、あまりにも自分の声とはかけ離れているので編集も他人事のように冷静にできます。

知人に聞かせたら歌っているのが私だとは誰も気づかなかったようで、それがおかしかったです。
意外と高音の方が評判も良かったので、これから歌を歌うときにはこの似非萌え声でいこうと思います。

パソコン買える予算が貯まった

最新のパソコンが欲しくて数ヶ月前からお金を貯めていました。
今ある奴を使いながらも、頑張ればもっと良いのを使えるぞとワクワクしていましたが、いざ予算が貯まったらなんだか買う気が薄れて来てしまったんです。

実はゲームの為に新しいのが欲しかったんですが、家庭用ゲーム機でも出てるんですね、なので家庭用の方はとっくに買ってあってプレイもしてたんです。
なのに新しいの買うまでこれで我慢と思ってたら、飽きて来てしまいまして。

大好きなゲームですし、パソコン版だとさらに色々と出来る事が増えるし、パソコン版買うしか無いと思ってましたがどうしましょう。
買えば買ったで夢中になる可能性も高いですが、買ったは良いけど結局やらないなら無駄になりますからね。

うん、しばらくその気になるまで保留にしておくのが一番ですね。

突然のADSLサービス終了の連絡

先日、現在利用中のネット会社から突然電話があり、現在利用中のADSLが後1年でサービス終了の連絡がありました。

ネットは結構昔から始め、ADSLが普及しだした頃に加入しました。光に比べてスピードは比較にならないほど遅いものの、料金が安い事もありずっとそのまま使って来ました。
良く考えると、便利になるのは結構ですが、パソコンやネットの世界はやはり普通の家電などと比べて商売のやり方に課題を感じますネ。

ウインドウズXPのサポートを終了した件も、そのOSで十分満足している人にまで、強制的に買い替えを強要したり、今回のネットのようにスピードアップはするものの値段は上がることが前提であったり、消費者目線ではなく、企業の横柄な姿勢を感じます。

家電は性能がアップしてもすぐに価格は下がりますし、新製品がでたからと言って、古い機種で満足している人に強制的に買い替えさせるような仕込みもありません。
ネットやパソコンソフトの世界には、一考を促したいものです。